nightlife


 

たまにナイトアウトをする

音楽によって服装や雰囲気を考えることは嫌いではない

むしろ今の自分から全くの他人へとモードを切り替える

なぜか普段履かないようなヒールを履いてしまうこともある

 

鮮やかな色の光が人の表情を露わにし

どこに眠っているか分からないluckyを横目で探している

 

パーティの後帰り道ヒールの歩く音だけが聞こえて

さっきまでの爆音から放たれ急に違う星へ飛ばされたような

誰も照らしてくれない夜道を歩きながら

まるであの中で見ていた光景は夢ではなかったのかと思うくらい

 

お酒も回っているせいか一人でペチャクチャと

訳のわからないことも喋ってるかも知れない

 

別に座りたい訳じゃないけど横の段差に座ってぼーっとして

また帰路につくため歩き始める

 

パーティにもう少し残っていればよかったと思うんだけど

それよりもパーティの終わりを見るのがどうも苦手だ

本当に逃げ道がなくなってしまうような

 

靴を履き替えまた違う場所を見つけに行く

悲しくも嬉しくも夜は決まった時間にやって来て

私たちを置きざりにする

fn

 

I do nightlife barely and like pick my clothe up by the taste of musics

It replaces me to different person always

 

The light peels someone’s face off

People at there were looking for lucky

 

After the party I could only hear footsteps

why am I working , why am I here

Where is the big sound

No one is here

Maybe I got wrong star or it was just a dream

 

I was talking these while on the way to my place

I took a seat on very bumpy street randomly and smoked ciggarettes

I hate being at the end of party I don’t want to see the end

 

The music and people always pull my back hair to stay there

I have to go otherwise the darkness is gonna be gone

The darkness is coming on time and leaving as well

 

No one waits us to back to real world

So I have to go

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です