It was someday in the summer


 

 

この写真を撮った時は夏のおわりかけで友達の家にお邪魔して、ルーフトップのプールで

ふたりで特に何もせずフルーツを食べたり、他愛のない話をしていた。

夕方になって、彼女が私にもうすぐ帰国だねと聞いてきた

 

そういえばあと1ヶ月もなくなっていた

あぁ私日本にかえるのかと考えながらプールに入った

 

何度も頭の中で自問自答が繰り返され帰る事への肯定的な考えを持たせようとしていた

どうして残りたいのに帰るの?若いのに。と言われ、そうだよな若いんだよな私と思いながら

またあの実家に帰って自転車で最寄り駅まで行って駐輪場に100円払う自分の姿を思い浮かべた

いいところなんだけど、何かが足りなく感じてしまう。友達も何もかも充実しているんだけど

それでも何かが足りない様な生活に戻ってしまうのがどこかもどかしい

 

そして結局そのまま私はNewJerseyからBrooklynに帰って家の前の階段に座ってタバコを何本も吸って

お母さんに電話で”残るねやっぱり”と伝えた。学生も終盤にかかり自分の将来の事に本格的に

立ち向かわなければいけない時で私からすると学生という看板は私を大きく支えてくれていた

今の自分があるのはあの時たまたま彼女の家のプールに行ったからかもしれない

海やプールはあまり好きな方ではないんだけどこの夏の唯一行ったプールは私にとっては

忘れられない日になった。

 

FH000005

 

Just we’re chilling at her place

It was someday in the summer.

I was at her place and we got a pool of her’s rooftop.

We did nothing just talking and eating some fruits.

Sometimes I took some photos of her.

I do still remember what I’ve done at the time I made big decision.

I was going to go back to Japan and finding a new job but in my head the question was asking me like million times.

“What do you really want?”

Somewhere I found this quote “you do what you want to be, you don’t need to be who they want you to be.”

If you’re being who you don’t quite want to be then time goes you’ll find out no one gives you any responsibility.

I decided to stay in NewYork longer. Because of this decision, I had to talk about it to my family and find a job,my place,school and things as well.

It was not easy NewYork has ubiquitous people you know…

But I did it, made it.

I don’t want to be shifty real life. Although I feel like fuck my life sometime.

I learned that when you are about to lose your way, you can emulate someone’s life.

It works like I did.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です