I don’t even know her name


 

久しぶりに2年前まで当たり前のように通っていた大学へ行った

確かあの時はいつも行く喫煙所にベンチが置いてあった

学生が授業を受けている間人気がない時間にそこへ行った

なぜかこの時期はいつもここだけ雪が降っている

いまでも覚えている、一つ上の年の女の人がそこでタバコを吸っていた

特に気にしてはいなかったが私が吸っていたマイナーのタバコを

彼女も吸っていてそれがきっかけで彼女を眺めていた

どうやら私の友人との共通が多いのか周りは彼女のことを知っていた

男関係がだらしないと言われつつ彼女がいないところでも

なぜか彼女は悪く言われるわけでもなくそういう子なんだよと

見守られているようにも感じた

いつも寂しそうな表情をしていて一人の姿がよく似合う

特に目立つかっこでもなかったんだがなぜかいつも気になってしまう

アルバイトは飲食店でしていた

ちょうど先輩たちの就職活動の時期だったのだが

一度もスーツを着ている姿を見たことがなかった

それがすごくなんというか私のイメージ通りで嬉しかった

だけどみんなが就職活動を終える頃にエスカレーターで

スーツ姿の彼女を見かけた

どうやらどこかの事務職に決まったらしい

おめでたいことなんだがなぜか私は残念だった

どうやら彼女も私の存在に気づいていたらしい

でもお互い何も関わりなく彼女は卒業していった

今更あの時ほど何も思うことはないがあの喫煙所に行くと

なぜかいつも思い出してしまう

何も関わりを持たずして

私の中の彼女のイメージを崩したくなくて

こんな感じでたまにあまりにも自分と異種と感じる人と

出会うのはなかなかない気がする

ただ寂しいのかもしれない異種ではあるがどこか裏切られたというか

彼女はみんなと同じとこを嫌っていると勝手に思いこんでいたのか

世間というものをひどく嫌い、一人の居心地よさを知り

それでも人と関わりを持たないと生きていけないことも知っていて

どうしたらいいんだろう、と考えていて欲しかったのかもしれない

あれから2年が経った時が過ぎるのもあっという間

思い出の場所に行くのは少し苦手だけど

こうやってたまにあの頃の自分を客観的に見るのも悪くないと思った

snow

I went to smoking area in my univ. first time since I came back to Japan

Almost around two years ago, I saw the girl she was smoking by herself at there

and It was same brand as mine

I was very interested in hers attitude and mood

She had mood which was so loneliness

I asked my friends about her, mostly them knew about her through music club

No one was like whiner about her

She had sad eyes and very white skin

The winter made her look more beautiful

Apparently she worked at restaurant

Job handing was ubiquitous among for students at the time

But Ive never seen when she wore recruit suit

I felt thats what I thought about her, she doesnt care about what others do

Time passed mostly student were done with that

I heard she started job handing and got a job which was unexpected

Its truly certainly good for her, but part of me was sort of dissatisfied

I know she doesnt wanna be banal people and she is not

I didnt want to know she started working

When I always go to the smoking area

The place remains me all like this and mekes me feel irritated

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です