Makiko


Makiko

TWELVマガジンの存在を知っているだろうか。

ファッションのみならず、アートにも焦点を当てた次世代ファッションマガジンで、ニューヨークで初めて日本人編集長の雑誌が創刊、と話題になったことも記憶に新しい。

 

競争の激しい街ニューヨーク。良いものが必ずしも有名になるわけではない。

成功をつかむことが出来るのは一握り。

どうすれば有名になるのか、成功できるのか、詳しいことは誰にもわからないのだ。

本職がメディアという仕事柄、イベントやパーティ等で、有難いことに実に色々な人に会う機会がある。

彼女とも、とあるファッションブランドのオープニングパーティで知り合った。

TWELVマガジンで右腕として働く彼女の将来の夢とは?

 

「あなたの夢は何ですか?」

え、これ、こんなにいきなり質問されるものなんですね。笑(写真撮影をした後すぐにこの質問を唐突にするのだ。)

「すいません。笑」

考えてきたんだけどな~。いきなりすぎてちょっとびっくりした。笑

 

私は仕事に生きたいから、この街(ニューヨーク)で成功することはもちろん夢の一つなんだけど、そのうえで、私だけでなく他の人もハッピーになれるような事をしたい。実は自分の中で仕事するテーマが、「如何に自分がワクワクできるか」なんだけど、物事を決める時これをモノサシにしていて。

服って人をハッピーにさせる力がある。だからTWELVのようなクリエイティブを通して、他の人にもそういった事を伝えられればいいなって思う。

 

「成功」この言葉の含む意味は、人によってさまざまだ。

欲しいものは、立ち止まっていてもやってこない。

頭であれこれ考えるより、一度突っ走って見ると、自分が進むべき道が見えてくるものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です